トレンドブログの滞在時間を延ばす方法

2013.10.24

滞在時計

 

いつもありがとうございます、シンヤです。

 

滞在時計

 

トレンドアフィリエイトをやってる人で、
検索エンジンの上位に表示されてても、
ある日突然そのページが、グーグルの検索結果から消えて
ショックを受けてる人がいます。

これはトレンドアフィリエイトに限らず
どのジャンルのブログやサイトでもそうなんですけど、
いきなり検索エンジンの圏外に飛ばされる事があります。

 

まあ原因は色々とあるんですけど、
グーグルの規約を破ってないにも関わらず
飛ばされる理由は、アクセス数と訪問者の
滞在時間に問題があるとみて良いでしょう。

 

どういう事かというと、
あなたのブログに訪れた人の多くがすぐに帰ってしまったら
あなたのブログはつまらないと
グーグルに判断されてしまう訳です。
(実際につまらないでしょう)

 

リアル店舗でも同じで、
例えば、あなたが六本木のレジャー施設に遊びに行って
興味あるショップに入った後、
一瞬でその店を出るのと同じです。

 

その光景を目にした人は、
「その店つまんなそう」って思うのです。

 

逆に、ショップに入ってなかなか出てこなかったら
「おもしろそう」って思います。
(ただ単に営業かけられて
足止めくらってるだけの場合もありますが(笑)

 

グーグルは外から、お客さんの滞在時間を図ってます。
ですので僕らは、お客さんの足を止めて留まらせる工夫が必要になる。
ここが出来てる人が少ないんですよね。

 

トレンドアフィリエイトだと、単純に記事がつまらなかったり、
規約違反をしてる場合は論外なんですけど、
そうではなくて、しっかりと記事を書いてるにも関わらず、
読者が目的の記事を読んだ後、
即帰られてしまっているというケースの場合、
ちょっとした工夫で一気に滞在時間を延ばす事ができます。

 

どうすればいいのかと言うと、
サイドバーのコンテンツを充実させることです。

 

僕がおススメしてる方法は動画を載せる方法です。

 

こんな感じで。
動画コンテンツ

 

内容は、万人ウケする動画です。
そして流行りすたりもなく、定番のもの。

 

・面白動画(ハプニングなど)

・癒し動画(ネコや犬など)

 

この2つは定番です。

 

2つだけだと、他の人とかぶってしまって
面白味がなくなるんじゃ??
という質問をされることがありますけど大丈夫です。

 

ジャンルは少なくても、動画そのものの数は
莫大で、その中から使うのもなんて数個に過ぎません。

 

確率から考えて問題ナシ。

 

動画はユーチューブから拾ってきます。

 

「犬 面白」「面白動画」こんな感じで
検索をユーチューブ内で検索をかけると
莫大な数がヒットします。

 

その中からあなたが面白いと思った動画を何個か選んで
ブログのサイドバーにリンクさせます。

 

ただ気をつけなければいけないのは、
そのままあなたのブログのサイドバーから
ユーチューブにリンクを貼ってはいけません。

 

これだと、滞在時間は逆に減ってしまいます。

 

グーグルは、あなたのブログから
ユーチューブに読者が逃げたと判断するからです。

 

なので、自分のブログ内に飛ばす必要があります。

 

ブログのサイドバーに載せたい動画を
新しい記事にアップしてから
その記事をサイドバーにリンクさせます。

 

例えば僕のブログ場合、トップページの
テリ―伊藤の動画の部分をクリックしたら
ユーチューブに直接飛ばず、ブログ記事内に飛びます。

 

このページに飛ぶようにしてあります。

 

そうすることによって、読者の方々は僕のブログ内で
動画を見てくれてることになるので、
滞在時間としてカウントされてます。

 

この部分をしっかりとしてないと、
滞在時間は延ばす所か逆に、縮まってしまいますので
気をつけてください。

 

まとめると、

1、流行りすたりがない万人ウケする動画を探す
2、見つけた動画をブログの記事にUPする
3、サイドバーに記事のURLをリンクさせる

 

ありがとうございました。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)

 

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。出版社から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら

   

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)