意味がある人脈と意味のない人脈

名刺

 

こんばんは、シンヤです。

 

名刺

 

ありとあらゆる所で
「人脈は大事だ。成功したけりゃ人脈を築け!」
と言ってる人を見かけます。

あなたも一度は目にしたことがあるはずです。

 

ただ、これ、深く考えて言ってる人がどれくらいるのか?

 

僕が見た所、半数以上の人は、
「常識的に言われてる事だから言っとけ」的なノリで
恰好つけて述べてるに過ぎません。

 

なんか正論っぽいじゃないですか。
だから言う方は無難で楽なんですよ。

 

なので、会社の上司が居酒屋などで部下に
「いいかね、成功したけりゃ人脈が大事なんだよ、君」
と気軽にいばって使ってたりする(笑)
(どうみても成功してないようなおっさんでも使う)

 

でも、言われなくても、なんとなく
人脈が大事なんて事は誰でもが分かり切ってる事です。

 

ただ、問題なのは、
どうして人脈が大事なのか?をしっかりと
理解してる人がほとんどいないということ。

 

では、なぜ人脈が大事なのか??

 

それは、レバレッジを利かせる事ができるからです。

 

例えば、Aという商品をあなたが作ったとして
その商品を広めてくれる人が欲しい時、
営業に強い人間が知り合いにいたら頼める。

 

そしてあなたの商品は多くの人に知ってもらえる。

 

もし、仮に知り合いが営業が不得意だったとしても、
誰か得意な人がいないのかどうか聞いて、
いたら紹介してもらう事もできます。

 

このように、自分以外の人の力で
何倍もの可能性を見出す事ができる。

 

多くの人と知り合いになっておくことで、
特にビジネスをする上では
非常に有利に働いてたわけです。

 

働いてた?過去形?と違和感を感じたと思うので、
この事について説明していきます。

 

一昔前は、ピンポイントに
知り合いを作る事はとても難易度の高い事でした。

 

例えば、あなたが、誰か車の構造に詳しい人と
知り合いになりたいと思っても、
友達など、身近にいない場合、
諦める事の方が多かったわけです。

 

そこから探すにしても相当な手間。

 

しかし、今の時代はソーシャルが発達したおかげで
知り合いになりたい人を見つけて
アクションをかけることなんて楽勝です。

 

フェイスブックやツイッターを使えば
簡単に見つかります。
しかも性格的に気が合いそうかまで事前に分かる。

 

十年ちょっと前までと、現在の最大の違いは、
知り合いが多くなくても自分が関わりたい人間と
自力で知り合えるという点です。

 

これの意味するところは、
さほど人脈が大事だと意識する必要がない
ということです。

 

これって革命的です。

 

僕にしても、人脈ナシで
ネットビジネスで稼ぐ事ができましたし、
知り合いの起業家のほとんどがビジネスを一緒にする相手を
ソーシャルメディア経由で見つけた経験があります。

 

それが普通の時代なのです。

 

元ライブドアの税理士もホリエモンと
ネットのメーリングリストで出会い、契約したそうです。

 

僕自身もネット経由で人脈を作って
仕事をした人はこれまで普通にあります。
そして、そこからかなりの利益を生み出してきました。

 

特に何も深く考えずに
“人脈は大事だ”と背景を理解しないまま
漠然と思ってた場合は考えを改める必要があります。

 

だって改めたら「人脈作りをしなきゃ」と
無駄な神経を使わなくて済みます。

 

「いつだって知り合いたい人と知り合えるんだから
無理に付き合いで面倒くさい場所に参加する事ねーな」
と肩の力を抜く事が出来ますからね。
さて、次に、人脈を増やす際に
気をつけておかなければならない点をお話します。

 

誰かれかまわず、知り合いになって
「オレ、人脈多いぜ」と自慢げに
携帯のアドレス帳を見せる痛い人がいますが
これでは逆効果です。

 

例えば、ネットビジネスで稼げない君に多いのが
セミナーに参加して知り合いを作る事が
目的になってしまってる人。

 

名刺交換をして、知り合いになったと勘違いしてるわけですね。
どうせその名刺はなくされて終わりなので意味ありません。

 

どの場で、仲良くならなければ無意味。
しかも、仲良くなる相手を間違っても意味がない。

 

ネットビジネス系のセミナーだったら
僕がおススメする方法は、
自分の媒体(ブログなど)
を持っておく事は絶対条件。

 

そして相手も同じように媒体を持ってる人と仲良くなる。

 

出来る事ならあなた自身、多少は稼いでから参加してほしい。
(月数万円でもいいので)

 

そうする事によって相手と

 

「これ僕のブログなんですけど、
最近これを公開したら読者から
こういう意見が多かったんですよ。」

 

と具体的な意見交換などができるし、
覚えてもらいやすい。
そして、相互紹介やジョイントなど
即、ビジネスに繋がりやすい。

 

もちろん、仲良くなる相手も
ある程度行動に移してる事前提。

 

多くの人がやってしまってる失敗例は、
行動に移す前に人脈作りが目的でセミナーに参加して、
自分と似たような人と仲良くなり、
慣れ合いで終わってしまってる事。

 

自分も稼いでなく、
相手も稼いでないとなんか安心みたいな…

 

傷のなめ合いですね。
これ、最悪です。

 

それから、めっちゃ稼いでる人と仲良くなったら
おいしい思いが出来ると勘違いして
そういう場に行く人。

 

お金の無駄です。

 

仮に稼いでる人達と接触できたとしても
相手にメリットを提示できない状態で
知り合ったら、すぐに忘れられるのがオチです。

 

「おおおお、あの有名な○○さんと名刺交換したぞー」
とテンションがあがってブログにまで
その名刺をアップしてる人を見かけた事ありますけど痛すぎます。

 

よく、セミナーのセールスページで
「最前列の席を取れば稼いでる人達と知り合いになれますよ」
とキャッチフレーズにしてるものを見かけますけど、
これは知り合いになった後、
すぐに相手に何かを与えられる状態でないと
そこに座る意味がないので気をつけて下さい。

 

知り合いになって、すぐにでも話したい事がある。
その話で相手を魅了できる自信がある。
このような場合でなければ安い席でOKです。

 

この前紹介したセミナーなんかもそうですね。

 

セミナーの内容を聞くだけが目的なら
3000円の安い席で十分です。

 

人脈作りをする際は、意味のある行動を心がけて下さい。
ありがとうございました。

 

 

メルマガもやっています

 

 

名前 

メールアドレス 

関連記事

読者限定豪華プレゼント

豪華プレゼント
読者限定豪華プレゼント

日ごろのお礼にipodやMacBoo
kAirなど 豪華賞品を読者様にプレゼントします。
豪華プレゼントをGETする

過去記事

ネットビジネスメールセミナー(無料)

mailmanga
元帝京大生が社会の常識を覆してみた! 「脱・社会不適合者」の物語

これからネットビジネスをやりたいと思ってる人はもちろんのこと、 これまでアフィリエイトなどをやってきて上手くいかなかった人にも ぜひ購読してもらいたい内容です。