汗かきで「お前臭いよ」と言われた友人の話

汗かき

古くからの友人にめちゃくちゃ汗かきの奴がいます。

汗かき

そいつの汗かき具合は本当に異常で、
ちょっと運動をすると頭、顔、はもちろんのこと、
ケツから足の裏へかけ、全身から大量の汗が噴き出てきて、
夏だとTシャツの色がすぐに変わってしまいます。
(特にグレー色のものは汗染みが目立つため着れないそうです)

 

はじめ彼から「オレすごい汗かきでやばいんだよ」
と言われた時は、あ~汗かき体質か、オレと同じだな程度にしか
考えていませんでした。

 

しかし、ある時、本当にびっくりさせられました。
汗かきで人より汗の量が多いの一言で片づけられるものではなく、
一種の病気なんじゃないかと思ったのです。

 

僕の家で一緒にゲームを楽しんでいると、
彼がアイスを食べたくなってコンビニへスーパーカップのバニラ味を
買いに行き、帰ってきたら全身汗だくなのです。
(この間約5分)

 

ずぼんのケツの所が汗で染みてたので、一瞬
「まさかコイツおもらししたのか?」と疑ったほどです。


正に信じられないほどの発汗…

 

本人からしたらいつのも当たり前の現象なので
もちろん着替えも持ってきていて
帰ってくるなり、すぐさま着替えてました。

 

これだけ汗が出る体質なので、
人からはちょっちゅう
「汗すごいよね」と言われ続けてきました。

 

それを言われるたびに、
「そうなんっすよ~もう汗かきで~
嫌になっちゃいますよ。夏なんて1日10回以上着替えますよ」
この返しが彼のデフォになっています。

 

会話のネタにもなるってことで、
汗で悩んではいても
これまでそこまで深刻に考えていなかったみたいです。

 

しかしある日を境に彼は暗くなりました。

 

言ってませんでしたが彼はフリーター。
飽きやすい性格のため、一つの会社に長く務めるのが嫌という理由で、
1年働いたら、次の違う業種のバイトをするというのを
繰り返してきました。
(彼の口癖は「正社員には絶対になりたくない」です。)

 

で、11個目に選んだバイトが悪かった。

 

ホテルの清掃員。

 

この仕事は風呂掃除を5分以内に終わらせなければならなく、
普通の人でも汗をかく中、彼はプールに潜った後のような
姿になっていたそうです。

 

これも先輩から突っ込まれるのは予想してたみたいで
「僕、めちゃくちゃ汗かくんですよ~」と
さわやかな笑顔付で返す準備までしていました。

 

しかし、予想もしていなかった言葉が先輩から投げかけられたのです。

 

「お前、ほんと臭せーな」

 

これまで汗の量をツッコまれたことはあっても、
匂いを指摘された経験がなかった彼は、
ものすごいショックを受けました。

 

一応、「汗かきなんですよ、すみません」
と彼なりに気を使って返したものの、

 

「仕事的に考えろよ。お前の臭い匂いがついてしまったら
部屋が売れねーだろーが。クレームなんてきたら
オレらのせいになるんだよ」

 

とヤンキー口調で威圧的に怒鳴られてしまいました。

 

その日に僕に泣きながら電話をしてきました。
彼が泣いてる所を見たことがなかった僕は
ただごとではないと瞬時に悟りました。

 

相談を聞いて電話を切ったら
僕なりに解決方法をいろいろと模索しました。

 

彼の汗の原因、改善策。これももちろん気になりましたが、
今、彼にとって一番大事なのは働く上で
すぐに役立つ即効性のあるもの。

 

核心部分は、匂い。そして汗を目立たなくすること。

 

服装は自由と聞いてたので、汗の染みが
目立ちにくい素材は何かというのを
ネットで徹底的に調べました。

 

そしたらポリエステル100%のドライ素材。
色は黒。染み対策にはこの組み合わせがいいらしい。

 

彼はよりにもよってポリエステル0%、綿100%の
ポロシャツを着て作業を行っていたそうです。
乾かないは汗染みは目立つわで、最悪なチョイスです。

 

次に匂い。

 

彼が発する臭いの元は脇です。

 

となるとデオドラント系のグッズに着目する必要があります。
不幸中の幸いにもワキガ体質ではなかったため、
すぐに解決に至りました。

 

と言っても、ワキガの原因であるアポクリン腺に原因がなくても
汗の量が異常で、休憩時間くらいにしかデオドラントを使う暇がないので、
普通のものとは違って一回塗れば長時間持つモノを探しました。

 

見つけたのが、日本には売っていないんですけど、
ネットで輸入して購入できる外国製の
ロールタイプデオドラント。

 

匂いのケアはやはり外国製品が強いみたいです。
(日本人より白人の方が体質的に体臭が強いことから)

 

そして最後に携帯用のダウニーファブリーズ。
これはTシャツに染み込んでついた匂いと菌を瞬時に消すためのもの。
(ずぼんのポケットに入るので、仕事中でも使える)

 

1、Tシャツを変える

2、デオドラント

3、ダウニーファブリーズ


この3つの対策方法を彼に教えてあげました。

 


そしたら、バイト先でも全く汗と匂いに関して言われなくなったそうです。

 


元々その先輩は口が悪いだけで、
いじわるなタイプの人間ではなかったみたいです。
しっかりと仕事さえ出来てれば何も言ってこないらしいので
ただの不器用タイプの人だっただけのようですね。

 

彼は今回言ってもらえてラッキーだったということになります。
言われなければ、そのまま臭いままで陰で誰かに今後言われる可能性があったので
この機会に対策が分かったと言う事でよかったのではないでしょうか。
(あくまで結果論ですけどね)

 

今回、解決した後、僕は彼にブログを書く事をススメました。

 

汗に特化した日記を書く事によって、
彼と同じように汗かきで悩んでる人が
興味を持つ記事を書けると思ったからです。

 

それに、汗かきでなくても、
自分の匂いが気になる人は女性だけでなく、
最近は男性でも多いわけです。

 

そこで僕は彼に、とりあえず3つの課題を出しました。

 

1、汗で悩んだ出来ごとを徹底的にまとめて何回かに分けて記事にする

2、毎日1記事どれだけ汗を書いたかをその日の出来ごとと共に日記風に書く
(写真付)

3、自分が使っているTシャツや制汗剤の情報を感想付きで記事にする

 

根が真面目な彼はしっかりと毎日ブログを更新しました。

 

そうしたらやはり僕が思った通り、20日~30日で
かなりのアクセスが集まりだして、反応が上がりました。

 

彼ほど汗かきな人はそうそういないであろうということで
インパクトでは負けないし、印象に残り、
ここまでの汗かきの人の対策方法って
自分の汗や匂いで少しでも気になっている人なら
見たくなると僕は考えていたわけです。
(興味がなかったとしても見たら興味を持ちやすい)

 

結果、3ヶ月後の彼のブログからの広告収入は
月15万円を超えました。

 

あくまで商品のアフィリエイトはせずに、
グーグルアドセンスだけの広告収入なので、それを考えたら
30万円は実質稼げる媒体を持ったということになります。
(僕の経験から来る感覚)

 

彼のバイト代が20万円なので、
そこの収入に足したら同年代の正社員より稼げてます。
しかもブログという資産も手に入れました。

 

自分の弱みを強みに出来た良い例ではないでしょうか。

 

ちなみに彼はグーグルから報酬を受け取った3日後、
スーパーで大量に野菜から肉に魚からさまざまな素材を買って
僕の家へ来て、料理を御馳走してくれました。

 

めちゃくちゃ嬉しかったです。
というか感動しました。

 

お礼に外で食事をおごるという発想は普通に思いつくし
みんなしてることだと思うんですけど、
自ら作るってあまりしないですよね。

 

本当めっちゃ嬉しかった。(味はともかく(笑)

 

ps

トマト

昨日の夕食に食べた完熟トマトが丸ごと入った
パスタ。激うま~~~い。濃厚なものが
食べたい時にいいっすね。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)

 

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。出版社から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら

   

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)