ネットカフェ難民(30才)を生活保護した話。日本の貧困層の実態は壮絶…

いきなりこんな事を言うと驚かれるかもしれませんが、
僕はネットカフェ難民の1人を生活保護することにしました。
そこに至るまでの流れを、お話していきたいと思います。

 

某日20時頃:

僕の元に1通のメールが届きました。
「ブログ読者のKと申します。失礼なのは承知でお願いします。
1万円で何か仕事を下さい。その日1日どのような雑用でもします。
電話番号は090※※※」

 

僕がこのメールを無視しなかった理由の1つは、相手が男性であったこと。
ここすごく大事。
女性だと、どっかの怪しい営業っぽいし…

 

なにか特別な事情がある人なんだろう。
でも何でオレなんだ?
稼いでるから?
だったらもっと高い金額設定してこないか?
とにかく気になって、記載してあった番号にすぐに電話をかけました。

 

数分のやりとりの後、翌日新宿で待ち合わせをすることに。
待ち合わ場所は人がごった返すアルタ前…

 

アルタの前で待っていたネットカフェ難民の男

待ち合わせ当日、無事会う事ができました。
Kと名乗るその男性の恰好は、坊主姿で上はパーカー、下はジーンズ、
と、どこにでも居そうな30才といった感じ。
あいさつもハキハキとしていていて多くの人に好印象を与えそうな雰囲気。

 

とりあえず近くにあるドトールに入ろうとすると、
「すみません、お金ないんでベンチにでも座って説明受ける形でも大丈夫ですか?」
と彼は言ってきました。(この時点で相当切羽詰まってる感が出ています)

 

しかし外じゃ落ち着いて話せないので、僕が持つという条件で駅中のカフェに入りました。
二人ともブレンドコーヒーを頼み、対面で座って話をはじめました。

 

そして僕はKさんに仕事内容を伝えました。

「Kさんが生まれてから今日に至るまでのお話を聞かせて下さい。
それで1万円お支払いします。」

Kさんは「えっ?」と不思議な顔をしながら、
「あ、はい。そんなんでいいんですか?」とすんなり契約完了。

普通はもっと驚くはずなんですけど、
まあ、僕にあんなメール送ってきてる時点で普通ではないかと納得…(笑)

 

僕はなぜ彼に話を聞くだけで1万円を払おうと思ったのか?

 

それは送られてきたメールの内容と電話でやりとりをした感覚から、
普通の人が絶対にしない経験を彼はしてきたのだろうと推測したからです。


その、あまり聞くチャンスのない体験談を聞かせてもらえる事に1万円の価値があると判断しました。

 

僕が聞いたことは主に3つ

 

・今の生活環境

・生い立ち

・今後の展望

 

年齢は30歳。数年前、あることが原因でネットカフェ難民になりました。
日雇い労働の仕事をして稼ぎ、コンビニで弁当を買ってそれを持ってネットカフェで食べて寝る。
彼はこの生活を毎日ひたすら続けてきました。

携帯電話を持っていた事が唯一の救いだったと言っています。
(携帯電話は派遣会社から仕事を受ける際の連絡に欠かすことができない。)

 

この生活を続けていて、不安に思ったことはないのか聞くと、
「ああ、不安なんて感じてる暇ないんで」と淡々に答える彼。

話している感じ、彼からネットカフェ難民特有の
脱力感みたいなものは全く感じられませんでした。
受け答えを見ると「デキる青年」そのもの。

普通に就職していれば、優秀なビジネスマンの部類に入っていたのでは?とさえ思えました。

 

そんな彼が今、なぜ貧困で苦しんでいるのか?そんな疑問を抱きました。
彼はごくごく一般の家庭に生まれ、一人っ子として育ったそうです。

父親は印刷会社のサラリーマン。母親はスーパーのパート職員。
Kさんが中学生になるまでは特に不自由の無い生活を送っていました。

 

しかしある時、不況の影響をもろに受けて父親がリストラされてしまったのです。
それを境に、一家の環境はがらりと変わります。

 

父親は再就職が決まらず、ストレスによって荒れる日々。
半年後には外で女性を作って蒸発。母親は精神疾患を患い、
働く事もできなくなってしまいました。
そして、やむを得ず生活保護を受ける事になったのです。

 

父親のリストラが家族を地獄へと…

リストラその後のKさんの生活は地獄そのもの。
制度を受けている事が同級生の間で広まり、学校でいじめに合うようになりました。

 

家では母親から
「お前は疫病神だ。とっとと出てけ。あいつの遺伝子と思うと憎くてしょうがない」
と毎日罵倒されました。

 

どうしてあんなに優しかった母さんが…

でも、母さんが悪いわけじゃないんだよな…

もし不況にさえなってなければ今頃みんな笑顔で幸せのままだったのに…

 

やりきれない思いを抱えながら、
Kさんは毎晩布団の中で声を殺して泣きじゃくっていたそうです。
(当時中学2年)

中学卒業を控えた時期、母親は精神病棟に入院する事になりました。
(この時、母親の面倒は伯父が見ていたそうです。)

 

1人で生きていかなければならなくなったKさんは高校進学を諦め、
寮完備の食品工場で働く事にしました。
しかし人間関係による居心地の悪さにより5年働いた後、退職。

 

この時の貯金額70万円。
5年間必死に貯めたお金を元に上京することを決意。
東京に行けば田舎と違って多くの仕事がある。なにかが変わるんじゃないかと思ったそうです。

 

東京での裏切り…そして貧困への道

上京して彼がまずはじめに就いた仕事は、ファミレスでの接客業。
月の手取りは15万円~18万円。家賃は5万8千円。
携帯代、光熱費などを差し引くと、1か月あたりの可処分所得は約7万円~10万円。

男一人が食べていく分には、まあなんとかというレベル。特に不満もなかったそうです。

 

働き始めてから、約2年が経過した頃、
そこで働いてた当時19歳の女子大生と出会い、意気投合して付き合う事になりました。

 

ある時、中卒という劣等感をぬぐい切れてないなかったKさんは彼女に、
「オレなんかでいいの?将来性はゼロだよ」と自信なさげに聞きました。

 

すると彼女はこう答えました。

「私はK君がいいの。そんな事言わないで。
二人で力合われば、なんとかやっていけるよ。私も頑張るからさ。」

この瞬間Kさんは、子供のように泣きじゃくりました。

 

そして、
「一生オレはこいつを守ってく。二人が食ってくのに困らない程度は
どんな事をしても稼いでいく。寝ずに仕事だってしてやる」
と覚悟を決めました。

 

それからのKさんは、結婚して幸せな家庭を築くという明確な目標に向かってひたすら働きました。

 

しかしある時、彼女との関係が周囲に知られ、嫉妬から連日嫌がらせを受けるようになります。

 

仕事中、Kさんがちょとしたミスをしただけで、

「お前教養つけろよ、それくらいの事なら中学校でも習っただろ」

「大学生の子はみんな出来てるのに君が出来ないって事は
やっぱりあるのかなそういうの。」

とみんなから集中砲火を浴びました。

 

こんな状況に耐えられなくなったKさんは、職場を変えます。

 

次の職場も、経験を活かせるという理由で飲食店を選びました。
給料は以前と変わらず。職場スタッフは10代、20代が大半。
同年代が多く、話も合い、すぐに打ち解ける事ができました。

 

仕事熱心だったKさんは、店長からの厚い信頼を得ました。
また、その職場で、はじめて親友と呼べる人とも巡り合え、
今度こそ居場所を見つけたと思ったそうです。

 

Kさんはこの環境がものすごく気に入って
「いつかはここの社員になってやるぞ」
と、毎日ひたすら頑張りました。

そしてあっという間に数年が経ちました。

 

ある日の夜、親友から1本の電話が…

親友から、田舎に1人暮らしをしている父親が倒れたため、
シフトを変わってほしいとお願いをされました。

そしてさらに、入院費や父親の借金の返済に必要なまとまったお金がすぐに必要だ、
との相談を受けたのです。

 

そんなバカな…どうしてオレに?さすがにそこまでは助ける事はできねーよ。
と普通ならつっぱねる所、Kさんにとって唯一の親友。そして何年もの付き合いがある関係。
信用できる。ほっとくことはできない。友人を失うのは怖い。

さまざまな思いがよぎりました。

 

結局断る事ができず、口座に入っているお金のほとんどを渡してしまったのです。

親友の「すぐに返すから」という言葉を信じて…

 

しかしその後、ピタリと連絡が途絶えたのです。

 

不安になったKさんは親友に電話をかけました。
ツツツ…
「お客様の御都合によりお繋ぎできません」

AUのアナウンスが流れた瞬間気づいたそうです。
はじめから持ち逃げする気だったと…

 

Kさんは彼女に相談することなく、親友にお金を渡してしまっていました。

 

これが原因で彼女との関係までもがぎくしゃくするようになりました。
そして、ついに最愛の彼女が家を出て行ってしまったのです。
しかも、Kさんが家賃として机の引き出しにしまっておいた8万円を持って…

 

あの時、何があっても二人で力合わせて生きていこう。幸せになろう。
確かに心から思ってくれてたはずだ。人の心って変わるよな…

 

Kさんはこの時、「もう死んでもいい。」本気でそう思ったそうです。

 

しかし、彼は友人を恨む気持ち、彼女に対する怒りは一切湧いてこなかったそうです。
「こんなオレに一瞬でも優しく接してくれただけでありがたいと思わいとダメなんだ」と…

 

日本の貧困の代名詞ネットカフェ難民生活

ここからネットカフェ難民生活がはじまります。(この時27歳)
頑張る気力を失ったKさんは仕事を辞めて(ばっくれ)家を引き払いました。

 

そしてまず向かった先は新宿。コンビニで雑誌を購入。
その後マクドナルドで一杯のコーヒーを注文して席へ着く。
買ってきた雑誌を読みながらぼーっとすること約5時間。
(この時、所持金11万円)

 

22時頃:

インターネットカフェへ向かいます。ナイトパックで朝の5時まで1500円。
500円のカレーライスを食べ、リクライニングシートで睡眠。

早朝5時、ネットカフェを出ると、代々木公園へと歩いて行きました。
公園に着くと、芝生の上に生えている木の下へ行き、そこでぼーっとして過ごしました。

 

疲れたらその場で寝る。そして起きる。ぼーっとする。スマホを見るの繰り返し。
おなかが空いた時は近くの立ち食いうどんに行きました。

 

そうこうしているうちに昼の12時。
周辺に勤めているサラリーマンやOL達が昼休みの時間を利用して、くつろぎにきます。
場違いな雰囲気に一変。居ずらくなり、その場を退散。

 

そのまま図書館へ…
2時間ほど本を読んだ後、代々木公園に戻る。
サラリーマン達の姿はもうない。元の定位置(木の下)に戻って足を延ばし、熟睡。
(ネットカフェより寝心地がよかったそうです)

 

あっという間に夕方の5時。
マクドナルドへ行き、またコーヒー1杯だけを注文して
ネットカフェのナイトパックの時間まで潰す。
(マックでカップルが楽しそうに話してる光景を目にして、
元カノとの幸せな時間を思い出し、涙が溢れてきたそうです)

 

22時になったらネットカフェへ直行。
そして朝になったら代々木公園。この生活を約3週間程続けました。

 

貧困日雇い労働者の実態…

所持金も残り少なくなってきた頃、日雇い派遣の仕事を探し始めます。
「幸せになれない運命で、誰からも求められてない奴でも、
人の役に立てることって探せばあるのかな?」

仕事を探してる時、無意識に心の中で、そう呟いたそうです。
理由は今でも分からないと…

 

まず派遣会社に登録して、Kさんがはじめに行った仕事は引越しの荷物運び。
数十キロの荷物を次から次へと運んでいく作業。
終わってみると立てない程の疲労感。
5日間くらい筋肉痛で力仕事が出来なかったと。

 

Kさんと一緒に働いてた人達の多くが貧困的な風貌をしていて、
この時、改めて自分が最底辺にいることを実感したそうです。。
(特徴は前歯が無い人や肌の汚い人が多かったとのこと。)

 

この生活にも慣れ、いつものように仕事を終えて、責任者に終了の報告をしたある日、

「兄ちゃん、今日ありがとね。この仕事大変だろ?体使うしなぁ
今日冷えるから風邪引かないように気をつけて帰れよ」

とその責任者はKさんにお礼の言葉をかけ、砂で少し汚れた缶コーヒーを手渡しました。

 

その瞬間、Kさんは周りの目を気にすることもなく泣き崩れました。

「おい、兄ちゃんどうした?」とそのおっさんは驚きを隠せません。

「いえ、お礼言われたの久しぶりなもんで。すいません」

Kさんが震えながらこう答えると、

「今、不景気で大変だもんな。オレも大変だよ。親方やってっけどいつ仕事なくなっても
おかしくない状態だもんなあ。ははは。一緒に頑張ろうな。」笑ながら言いました。

 

おっさんに励まされたKさんは、5分以上その場を離れられませんでした。
涙が止まらなくなったのです。
忘れかけてた人の温もりを感じたと…

 

貧困生活から抜け出すために…

貧困から抜け出しこれを機に、少しでも人の役に立つ事をしよう。
希望を持って働こう。

 

これまでの出来事は、誰のせいでもなく、運が悪かっただけだと。
諦めるんじゃなくて、誰かの役に立つ事をして多くの人に認めてもらおう。

そしたら自分の事を好きになってくれる人が1人は出てくるかもしれない。
そのためにまずはこの生活から抜け出さないと。

Kさんは決心しました。またやり直そうと。

 

それからというもの、Kさんは必死にこれまで以上に節約し、
積極的に日雇いの仕事を入れるようにしました。

 

しかし現実そう甘くはない…

一度、ネットカフェ難民という貧困層に落ちてしまうと
そこから抜け出すのは容易な事ではありませんでした。

そう、気合いや根性論ではどうしようもないのです。

 

頑張れど頑張れど、部屋を借りられるくらいの、まとまったお金を稼ぐ事は出来ない。
年齢も既に30を迎えていました。それに加え、住所不定。定職に就くのは厳しい。

 

そんな時、更なる不幸がKさんを襲います。
仕事中に腰を痛めてしまったのです。
あまりの激痛になけなしのお金を使って病院に行った所、全治1カ月。

なんとか歩くことは出来る。
しかし、中腰になるような腰に負担がかかる体勢は取れない。
肉体労働なんてもってのほか。


瞬く間にお金も減り、絶望的になりました。
(この時の所持金34000円)

 

そんなとき、ぼーっとスマホの画面を眺めていると、
「大切な人のために稼ぎたいと思った。」
というフレーズが目に飛び込んできました。

 

そう、僕のブログです。
Kさんがブログを読んでまず思った事は、

「この人、オレの理想の姿だけど、もし今、彼女が全財産持って逃げたら
どうするんだろう?それでも大切な人のために稼ぎたいって言えるのかな?

とにかく、この人からなんでもいいから仕事を貰いたい。
あと1万あれば2週間は大丈夫だろう。そしたら腰の痛みも回復して働けるはずだ。
興味もある。会ってもみたいし。話も聞きたい。とりあえずメール送らないと。」

こうして彼は僕に連絡をしてきたのです。

 

僕はKさんを生活保護することに決めました

結論から言うと、僕は彼をしばらくの間、サポートをすることにしました。

理由は、

・目が死んでいないから

・誰かの役に立ちたいと本気で思っているから

・人の痛みが誰よりも分かっているから

・どん底状況になっても人のせいにしていないから

・僕に対してタダで何かを求めてこようとはしなかったから

・一歩間違っていれば、僕もKさんと同じ状況に陥っていたから
(僕の場合は彼女に捨てられなかったことが大きい)

・もし僕がKさんと同じ環境で育っていたら
腐っていたと思う。尊敬に値する精神力の持ち主だから

・彼が這い上がった時、多くの人に、
良い影響を与えられる存在になると感じたから


挙げるとまだまだありますが、
これらが彼をサポートしていきたいと思った、主な理由です。

具体的に彼をどのように応援していくのか?
今日まで行った事と、これから行おうとしている事をお話します。

 

まず、見た目を綺麗にする必要がありました。

新しい鞄を買って、その中に、その時持っていた荷物を全て入れ、
ユニクロで洋服、下着一式を新調。そして、ABCマートで靴も購入し、
コンビニで洗面用具一式を揃え、銭湯に行きました。
(髪は坊主なのでそのまま。)

 

次は住む所の手配をしなければなりません。
不動産会社を営んでる知人に連絡を取って、
事情を話し、1部屋、家賃2万5千円で貸してくれるようお願いしました。

 

そしたら、
「実は都内でも今は物件が余ってて
かなり安く貸してる業者も普通にあるから問題ない」
と言ってくれました。

ありがたい…

 

確かに今は激安物件も多いみたいです。ここにも多く紹介されています。

 

まあでも、今回は社長と普段から仲良くさせてもらっているということで
スムースに事が運んだんだと思っています。(敷金、礼金、保証人もナシでOKでした)
この時、「世の中信用って本当に大事だな」と改めて思いました。

 

住む所の確保が終わったので3か月分の生活費と、
最初に掛かる生活必需品代(布団や電化製品など)
計30万円をKさんに渡しました。(家賃は僕が予め、前もって3カ月分、
75000円を社長に支払っていたのでそれ以外の生活費)

 

数日後、Kさんは役所に出向き、住民票と住民基本台帳カードを発行しました。
この段階で、どん底生活から這い上がるための準備が整ったことになります。

 

僕がKさんに提示した条件は次の3つです。

・4ヶ月目以降、家賃を払えなかった場合は出ていってもらう

・ネットビジネスに挑戦する

・4か月目以降は毎月1万円ずつ僕に返済する
(ネットビジネスで月3万円以上稼げるようになったら返済額を2万円に増やす
ただし、4カ月目以降に出て行く場合はこれまでかかった費用は一切返済する必要なし)

以上が条件です。

 


さすがに僕も普通に考えて養っていくことは出来ませんからね。
頑張るのはKさん自身です。あくまで僕はきっかけ作りに過ぎません。

 

これまでネットカフェ難民で腐らずに、ここまでやってきたKさんの
精神力を考えたらこの条件は彼にとって楽勝だと思います。

 

住所があるのでまともに職を探せる。
自給1000円のアルバイトを週5日、1日8時間行えば、
1か月に15万円くらい手取りで稼げる。

仕事から帰ってきてからの数時間と、
休日週2日はまるまるネットビジネスの勉強に使える。

 

僕の経験上、彼のように人を痛みが分かる人がビジネスをすれば、
月数万円くらいならすぐに稼げるようになります。
しかも根性があるので、仕事から帰って疲れていたとしても、
毎日コツコツ作業を行うことでしょう。
(ネットカフェ生活を考えれば、そんなの努力じゃないと彼は言っています)

 

Kさんが這い上がった時、日本の貧困層の人達に対して、
とても大きな影響力を持ち、「価値」ある何かを生み出すのでは!?と
今からワクワクしています。

 

それを考えたら、40万くらいの出費は安いものだと思っています。
高級時計を買うよりよっぽど価値があるのかなと。

 

PS

Kさんと出会って思った事は、一度、ネットカフェ難民のような貧困状態になってしまうと、
死を迎えてもおかしくない所まで行ってしまうなと実感しました。
(実際、多くの人が亡くなってる)

 

生活保護を受けようとしても、
ネットカフェに寝泊まりしながらでも、食べる事ができている場合、
「食べていけてるんだから無理だね」
と厄介払いされてしまうケースも多々あるみたいです。

 

法的に受給する権利はあるのですが、
精神的に追い詰められ、弱り、冷静な判断ができない人にとって
そこを戦略的に突破するのはかなりハードルが高いことなのです。

 

不正受給対策も大事なことだとは思いますが、
本当に必要な人が困らないよう、
セーフティネットの仕組改善が必要なのではないでしょうか?


PPS

「知らない人によくそこまで出来るな」
と思う人もいるかもしれません。

これに対して一つ言える事は、
「自分には絶対に出来ないな、すごいわ」
と、尊敬に値する部分が、Kさんにあったからなのは間違いありません。

 

もし僕が過去、今の彼女にだらしなかった事が原因で捨てられて、
親も親戚も友人も誰ひとり味方がいなくても、腐らずに居られたか?
と聞かれたら、正直、自信がありません。

いや、おそらく腐ってますね。

 

でもKさんは腐るどころか、人の役に立ちたいと思っている。

 

それは僕を騙すためについたウソかも?

だとしたら僕に見る目がなかったと諦めるしかありません。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)

 

月収200万達成

初めて日給7万円を達成した日


→その時の様子はこちら

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。出版社から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら

   

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)