売れるものだけを迷惑行為で儲けているアフィリエイターの今後は?

アドバイス


僕のところによく、

ツイッターのフォロワー増やしてます。
呟きもめちゃくちゃしてますよ~。
ブログの記事数増やしてます。

こんなメールがちらほら来ます。

それを見て、
「おおお、頑張ってるじゃん
その調子だ、ガンバ」

このような言葉を油断して
投げかけそうになる時もあります。

しかし、そこはぐっとこらえて…
メールを送ってくれた方に
ちょっとしたアドバイスをしています。

どんなことかというと、
本質を理解した上で
行動しないとせっかく頑張ってるのに
損をしてしまうっていうお話。

たとえば、
あなたが誰かのブログを読んで、
役にも立たないし、
面白くもないって感じたら
その後はもう二度と読まないですよね?

仮に何百ページもあるブログだとしても…

それからツイッターにしても同じ。

毎日頻繁に呟いてる人のツイートに
何も感じるものがなかったら
フォローしないですよね?

それが10000ツイートもして
頑張ってる人だとしても。

何かこう役に立ったり、
面白かったり、
親しみを感じたりしないと…

またインパクトがなかったりと。

えっ??なになに?この人?
彼女に包丁で…ってなにしたの?

みたいな(笑)
興味持たれやすいです。

ちょっと自虐ネタ混じってますけど、
言いたい事は、
「量じゃないのだよ、質なのだよ。」
ってこと。
(黒子のバスケで登場する
髪が緑の人風に言うと(笑)

どんなに記事数を増やしても
人に読まれなければ、
そこで仮に最高の商品を
紹介したとしても売れない。

ってことは当然、
アフィリ報酬も発生しない。

せっかくヤル気になって行動を起こしても
それじゃあすぐに
辞めたくなってしまいます。

「ああああ、もう嫌だ。
楽に稼ぐ方法探すかっ」
このように自暴自棄になって
泥沼に陥ってしまう人もいます。


ネット上にはあま~いあま~い言葉で
・寝ながら楽して稼ぐ
・何もしなくてもツールがあなたの代わりに 
・明日からあなたの時給は10万円
このような魅力あふれる言葉で、
美人なお姉さんが、
手を差し伸べてくれたりします。
(大抵がフォトショップ加工画像(笑))

弱っている人は、
それが天使の手に見えてしまって
「お願いしま~す。オレのマリア様」
しっぽフリフリ状態で
ついていってしまったり…

結構ネタっぽい
口調で話してるので、
やんわりと聞いてもらってると
思うんですけど、
実際に、多いから笑えないんですよね、
これが…(苦汗)

だからあなたにはこうは
なってほしくないので
はじめに言っておくと、
本質を理解した上で行動してほしいです。

いくらがんばって量をこなしたとしても
それが間違った方法だと
結果がついてこない。

これ頭に入れておいてください。

うん、今から紙に書いて
張っておくといいかも。
(僕はめんどくさいので
やったことないけど(爆)

それでも儲ってる人がいるから怖い

怖い

ただ、そうは言っても、
ちょっとコピーライティングを
かじったというか、真似ごとをしてる
アフィリエイターの一部が
お小遣い程度の額をちょくちょく
稼げちゃってるのが現状です。

だから怖かったりする。

どのような方法で稼いじゃっているのかと
いうと、

例えば、
アフィリ商品の説明文だけ(1行程度)
見た人がクリックしたくなる
魅力的なコピーを書きます。

で、ブログの一番目立つ所に張りつける。
(ヘッダー下とかサイドバー左上とか)

そうすると、訪れた読者の中には
そのブログの内容を読む前に
広告に目がいき、即クリックして、
購入に至るというまでの行動を起こす。
(最近は昔ほどは売れてないみたい)

それを狙ってか(まず狙ってるだろ(笑)
クリックさせることだけを目的とした
媒体を作ってお小遣いを稼いでる
アフィリエイターもいます。

まあ、でもそういう人は、
99%消えてなくなりますよね。

商品を購入した読者は、
そのブロガーに興味があったのではなく、
あくまでたまたま広告が
目に付いたに過ぎないわけです。

別にその人から
買いたかったわけじゃあない。

これってブロガーにとって
かなりきついんことなんですよね。

「あなたに用はないわ。
もう来ないわよ」
って思われちゃってる
ってことだから…

要はリピーターが
永遠につかないんです。
普通に考えて厳しくないですか?

数年前なら、
新規の読者を簡単に
集めることもできました。

しかし最近は、ネットの
コンテンツに目が肥えた人が増えたため、
そんな簡単に自分の
読者になってもらうことはできません。


そういったこともあり、
今後はしっかりとした
コンテンツを(ブログの記事等)
作っていかなければネットで
稼いでいくことは厳しいです。
(この理由はまたお話します)

ですので迷惑行為ばかりしてる
彼らが消えていくことは
自然の摂理とも言えるのです。

それとは逆に、
僕らは楽勝で生き残ることができる。
(いいオチ(笑))

だって人に喜んでもらうことを考えて
コンテンツ作りをするわけですから。
たったそれだけのこと。

彼らはこうやって魅力的なキャッチコピーを作っていた

そんな迷惑行為をしてきた
アフィリエイター達がどうやって
魅力的な商品説明を行ったのか?
気になるところだと思います。

彼らは、コピーライティングの
表面的テクニックだけを
自分が紹介する商品の
説明文にそのまま取り入れている
というだけの話です。

ロジックは単純なものです。

「現代広告の心理技術101」
  
この本は、僕がこれまで読んだ
セールス系心理テクニック本の中で
最もおススメするものです。

特徴はとにかく魅力的な
実例が豊富ってところ。

その実例の一部を自分が売りたい商品の
キャッチコピーとして使えば、
魅力的なタイトルが完成してしまいます。

迷惑行為で儲けている
アフィリエイターの多くは、
この本や「影響力の武器」などの
名書籍であげられている実例を取り入れ、
魅力的な商品コピーを
模倣しているというわけです。

なんだって売れるのです

空中

さすがに僕の読者の中で
これを聞いて、

「おっしゃ、ってことは
この本買って魅力的なコピー作成して  
ツイッターとかブログに
アフィリ商品貼りつければ
儲かるのか。いいこと聞いたぜ。
いやっほぅ」

って考えてる人は
いないと信じています(笑)

この方法って
もう通用しなくなってきてるし、
稼げたとしてもお小遣い稼ぎ程度ですよ。

っていうか、
魅力を感じてもらっては困ります(汗)

だってあなたの目標は
稼ぐ仕組みを作って「自由」になること
じゃないですか?

そんな古い小手先のテクニックに
踊らされるような人は
一生自由になんてなれません。
(理由はめんどいので割愛(笑))

コンテンツをしっかりと作って
スパイスとして”ここぞ”って時に、
テクニックを取り入れる。
(ここでいうコンテンツとは
ブログの記事などです)

こういう使い方がベストだと
僕は考えています。

たとえば、僕のブログのタイトルは
本に書いてあるテクニックを
参考にしたものです。

インパクトあって気になるでしょ?
「彼女に包丁で~~」ってやつ。(笑)

その結果、
めちゃくちゃ多くの人に
興味を持ってもらうことができています。

でもタイトルに興味を持って
訪れてくれた人が
「な~んだよ。つまんねーブログだな」
って思ってしまったら
結局、読者になってくれません。

例えば、街でめちゃくちゃ
気になる看板が出ていたとします。

う~んそうだな。

「この店に入った瞬間
あなたは空中に浮きます。」

こんなフレーズ。

で、気になって店に行って、
何も起こらなかったら
速攻帰りませんか?

僕みたいな
心優しいタイプの人間なら
「つまらないなぁ」
で終わるのですが、(笑)
相手が悪いと、「このやろーふざけんな」
って怒られちゃう場合もあります。

まあちょっと例が微妙な感もありますが、
ニュアンスで感じ取ってもらえればと。
(ちょっと投げやり(笑)


まずは人が喜んでくれるコンテンツ作り。
それを多くの人に知ってもらうため、
最高のコピーを作る。

おお、すごそうだな。
うん、確かにすごい。

おお、楽しそうだな。
うん、確かに楽しい。

おお、なんかヤバそうだな。
ちょっとおおげさだけど
楽しかったし見てよかった
(最低限このバランスまでもっていきたい)


やっぱり、
コピーとコンテンツのギャップがあると
結局の所、お客さんにはなってもらえません。

また、どんなに良いコンテンツを作っても
人に見てもらえないと意味がない。

ですので、

・良いコンテンツ作り
・魅力的なコピー作り

この二つをセットで行う。

これらをしっかりとして
集客を行えばどんなものだって売れます。


追記

ちなみに僕は、
魅力的なコンテンツの作り方は
「ネットビジネス大百科」で学びました。

そしてスパイスとして
「現代広告の心理技術101」
のテクニックを使っています。

これら二つの相性は抜群なので、
ネットビジネスの勉強をする上で
二つとも手に入れておいて
損はないと思います。


ps

雪見だいふく桜

雪見だいふくサクラ味色。
これぞ「ふつうだな」の一言。

パッケージがめちゃくちゃ綺麗だから
食べる前に期待しちゃった…

悪いギャップだよ雪印さん(笑)

 





名前
メルマガ

メールアドレス(必須)

  

解除はワンクリックでいつでも可能です。

コメントを残す

 banner_22  いつも応援有難う御座います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

過去記事

このページの先頭へ