ニーズの調べ方

 

ども、シンヤです。

 

ニーズ

 

この前も話しましたが、
あなたはアフィリエイトで稼ぐ事が目的な訳ですので
ただやみくもに、ブログ日記を書けばいいというものではありません。

出来る事ならば、あなたが好きな事で
人が悩んでいるジャンルについて
役に立つブログ内容にしてください。

 

悩みを持っている人が、
あなたから情報を求めているという状態を
「ニーズがある」といいます。

 

ニーズがなければ、
あなたのブログに訪問してくれません。

 

ですので、ブログテーマを決める際、
必ずニーズを調べる様にします。

 

しっかりとした具体的数字で。

 

こう言うと、
「そんな難しいマーケティングスキル、オレにはないよ」

 

黄色シャツ

 

と嘆く人が多いですが、大丈夫です。

 

簡単に調べられる方法をお教えします。

 

例えば、犬のしつけに関するブログを書くなら、
「犬 しつけ」といった具合に複合キーワードを調べます。

 

このキーワードをグーグルが無料で提供している
アドワーズキーワードツール

開いたら、
運用ツール→キーワードツール→
単語またはフレーズの箇所に目的のキーワードを入れる。

 

「犬 しつけ」と入れてみました。
あどきー

 

すると、月間検索数49500と出ました。
あどきーげつ

 

月間検索数が49500という事は、
一日当たり、約1600回検索されてるという計算になります。

 

ということは、ニーズがあるという事です。

 

検索数が多ければ多いほどニーズがあります。

 

逆に、少なければ求めている人が少なく、
ニーズが低いという事になり、
あなたがそのテーマでいくら頑張って記事を書いても
稼げない確率が高いです。

 

人気キーワードは競合も多いので、
検索数が多いから必ず稼げるという訳ではありませんが、
見込みアクセスを割り出す目安となります。

 

僕の場合は検索エンジン以外からも集客をしていますので
(アメブロやツイッターなど)、
特にライバルの数はあまり考えていません。

 

検索エンジンの上位に持って行って、
そこから集客をする場合は、
ライバルをしっかりと分析をしなければなりませんが、

そうでない場合は、あまりライバルの数は
考えなくてもいいと僕は思っています。

 

というのも、僕含め、周りの稼げている人を見てると
ライバルの多さを意識てなくても稼げてるからです。

 

もちろん、ワードプレスなどのサーバーを借りて
SEO対策をしっかりと行うブログを作り、
検索エンジンから集客をする戦略を立てる時は別ですが。

 

要するに、まずはあまり競合とか細かい事は考えずに
手を動かして作ってしまった方が早いと思うわけですね。

 

リスクなんて無いわけですから。

 

ということで取りあえず作ってしまえと。

 

ではでは。

 

 





名前
メルマガ

メールアドレス(必須)

  

解除はワンクリックでいつでも可能です。

コメントを残す

 banner_22  いつも応援有難う御座います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

過去記事

このページの先頭へ