否定系タイトルで読者をドキッとさせる方法

否定

 

こんばんは、シンヤです。

 

否定

 

当然の話ですが、
多くの人にあなたのブログやメルマガの記事を読んでもらうためには、
興味を持ってもらわなければなりません。

 

ブログの記事タイトルやメルマガの件名はとても重要です。

読者を惹き付ける記事タイトル!

 

興味を持たせる方法として
ドキッとさせ、興味をそそらせるテクニックの一つに
否定系を使うというやり方があります。

 

「絶対に行ってはいけない○○」
「やったら失敗する○○」
「これは絶対するな」

 

このようなタイトルは否定系にあたります。

 

「借金は返すな」
というタイトルの本が
昔よく売れていたのを覚えています。

 

なぜ、否定系のタイトルが
多くの人の関心を惹きつけるのかというと、
人間心理の「不安」をついているからです。

 

人は否定的な言葉を投げかけられると、
「オレは大丈夫なのかな?間違ってないのかな?」
と考える習性があります。

 

特に日本人は、いいことか悪いことかは別として、
周囲と違っていた場合、とても不安になってしまう傾向が強い。

 

個より集団を重んじる教育がなされてきた事が
大きな原因だと僕は思ってます。

 

否定系のタイトルの効が大きいため、

 

「あなたはこうしたら良くなるよ」よりも、
「あなたはこうだからダメなんだよ」の方がドキッとし、
一瞬で興味をそそられます。

 

両方とも相手に対して上手くいく方法を教えるわけですから、
言いたい事は同じなのですが、

話の切り口が違うだけで
あなたの話を聞きたいと思う人の数はかなり違ってきます。

 

ただ、いくら否定系が興味を持たれやすいからといって
使いすぎには注意が必要です。

 

人は他人に否定されることを嫌い、
拒絶反応を嫌う傾向にありますので、
なんでもかんでも否定すればいいというものでもありません。

 

あくまでタイトルは否定的にして
重要な事を読んでもらう切り口のみに使ったり
本当に相手が行う事によって損をすることを強調したい時のみ
使う事をおススメします。

 

なんでもそうですけどバランス良くですね。

 

ありがとうございました。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)


名前  メールアドレス 



名前 

メールアドレス 


 

関連記事

月収200万達成

初めて日給7万円を達成した日


→その時の様子はこちら

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。大和書房出版から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

メディアに搭載されました


詳しいプロフィールはこちら

   

四コマ漫画(体験談)

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)