記事タイトル限定反応倍増法

 

ども、シンヤです。

 

件名限定

 

日本人って限定ものに本当に弱いです。

 

シャネルやグッチなどのブランド限定モノバッグを
ねだられた男ならわかるはず。
(それは女に弱いのか(笑)

早くしないとなくなってしまうという焦りからくる心理、
そして、レア感によって普通以上にその商品に価値を感じるというわけだ。

 

いろいろな所で一番多く使われているパターンは、
売り手がサービスを期間限定でキャンペーンをしている時の広告です。

 

楽天ショップを見れば分かります。

 

「○○が31日まで50%オフ」
「今なら3000円→1000円でお譲りします」
この手の方法は、
セールスとして非常に効果が高いのですが、
デメリットもあります。

 

興味を持ってもらえるのも
その期間内だけとなる率が非常に高いわけです。

 

例えば、ブログの記事でいうと、
期間限定系のタイトルをつけた場合、
その記事しか読まれず、過去の記事を読んでくれる人の割合が
グンっと減ってしまうということです。

 

でも、そこは割りきりで限定モノを伝える事によって
あなたも、そして読者も得をするわけですので、
それはそれでヨシとしておけばいいでしょう。

 

逆に、過去記事を読まれている場合、
そのタイトルの記事そのものがつまらなく
集中して読まれていない可能性が高いので
そっちの方が問題です。

 

限定で注目させる目的は、
「これは急がないとやばい。どんな内容なんだ?」
と集中して読んでもらい、商品ページ(アフィリエイトサイトなど)
に誘導して買って頂く。

 

これが目的なわけです。

 

なので、その記事で他に興味がいってしまう方が問題です。

 

そのため、限定系の記事タイトルでは、
その記事だけに集中してもらうという
意識をもっておいた方がいいです。

 

限定系タイトルの効果のほどは、
以前、僕が「1万円の○○が今だけ80%オフ」
というタイトルをつけた所、
クリック率が70%以上をつけた事もあります。

 

この数字が証明していますように、
限定系タイトルの威力はすごいものがあります。

 

ただ、いくら興味をもってもらえるからと言って
中身がしょぼかったら意味がない。

 

読者に去られます。

 

 

限定ものの商品だったり無料のプレゼントなどが
読者にとって役に立ち感謝されるものを紹介や
販売ができる時など、ここ一番で使う事を心がけておいてください。

 

そうすることによって、
すさまじい威力を発揮しますから。

 

ありがとうございました。

 





名前
メルマガ

メールアドレス(必須)

  

解除はワンクリックでいつでも可能です。

コメントを残す

 banner_22  いつも応援有難う御座います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ