避難所

【シンヤの逃亡】

khooe

某日、シンヤはPCの前でお仕事カタカタ。
特に集中してやらなければいけない作業のため、
頭をフル回転し、気合い入れまくりの状態。

そんな中、突然僕の仕事部屋のドアが開いた…
入ってきたのは同棲中の彼女。

そして入ってくるやいなや、

彼女「ねえ、後で崖の上のぽにょ一緒に見ない??」

僕「おい、仕事中にくだらねぇことで話しかけんな」

彼女「ちょっと聞いただけじゃん。バカじゃないの」

僕「あああああ集中切れた、こりゃ終わるの相当遅くなるな」

彼女「何時に終わるの?」

僕「サラリーマンじゃねぇんだから分かるわけねーだろ」

彼女「ある程度の予想も立てられないんだね、ダサ(笑)」

僕「遅くなる事だけは言っとくわ。ぼにょなんて今日は見れねーからな」

彼女「はぁぁぁ???お前嘘つくの?見るって言ったじゃん。」

僕「見るとは言ったけど今日見るとは言ってーだろが」

彼女「自分の言った事に責任持てない男とか最低」

僕「だから見ないとは言ってねーだろが」

彼女「ちょっとパソコンカタカタして稼いでるだけのくせして
   仕事仕事ってえらそうに」

僕「ああああ、お前がいると仕事にならねー外でやる」

MacBook Airとi-phoneを持って玄関に走る。
(ノートPC1台さえあればどこでも仕事が
できるからこその脱出法)

彼女「待てぇぇぇぇ(怒)」

ここで捕まるか捕まらないかは
その時々の運である。

このようなやり取りはしょっしゅうなので、
もう自分なりの逃亡コースが出来てます。

まず向かうのが自宅から徒歩数分の場所にある「カフェ」

みどり

「いらっしゃいませ~~~」
かわいい店員に迎えられると、
彼女に対してイライラしてるので、

「この子は彼女と違ってかわいいなあ」
と言い聞かせて、その場が居心地いいんだと
強引に思いこみ、ストレス発散させています(笑)
(店員がそんなにかわいくなくても思い込むのがコツ)

そしてブレンドコーヒーを頼んで、
ノートPCを開いて仕事に取りかかります。

エアー

この間に必ずと言っていいほど、
彼女からの攻撃メールが届きます。

(攻撃メール)

「覚えとけよ」

「てか1時間以内に電話してこないと夕飯抜きにするから」

まさか月200万稼げるようになってまで
夕飯の心配をするとは思ってもいませんでした(苦笑)

ここからしばらく意地の張り合いが続きます。

しかし、仕事が終わったらさすがに僕も大人になり、
電話をかけてしまうのがデフォになってます。
(どこが大人だってツッコミはなしで(笑))

僕「旨いもんでも食って帰るから夕飯作る手間省けてうれしいだろ?」

彼女「1人でおいしいもの食べるのは不公平だからこっちも
   特上のお寿司5人前とるから」

僕「そっか、いいんじゃね、稼いでる彼氏でよかったな」

ガチャ。そして本屋へ向かいます。

本屋

1時間くらい雑誌をひたすら読みまくり、
おとなしく自宅へ向かうのであります。
…帰宅。ガチャ。

彼女「早いけど、どうしたの?」

僕「寿司、5人前取ったんだろ?
 食いきれないと思ったから
帰ってきただけだけど」

彼女「うん、とったよ。でも1人で食べれるから食べてきていいよ」

僕「あ、そっか。飯食うのやめた。」

彼女「えっ?」

僕「もうめんどくなった」

ここでも意地の張り合い。
性格的になかなかお互い引くことをしません(笑)

彼女「あのねえ、5人前も頼むわけないでしょ。
   てか何も頼んでないし」

僕「とりあえず2人前頼むわ」

彼女「どさくさにまぎれて頼むな(笑)」

(僕がどんなに稼ごうが倹約家の彼女です)

彼女「ぽにょ見るんだったら頼んでもいいよ」

こんなやり取りの後、出前で取ったお寿司を二人でほおばり
仲良く「崖の上のポニョ」を見たわけです。めでたしめでたし。
(ちなみにお寿司のネタ交換で喧嘩をすることもしょっちゅうです。
「たまごあげるからウニちょうだい」みたいな理不尽な取引を
度々仕掛けてこらられば、そりゃね(苦笑い))

まあでも、彼女との喧嘩は寝たら忘れるか、
美味しい物を食べたらいつの間にか
仲直りしてる事がほとんどです。
(どんだけ単純カップルだよ(笑)

喧嘩のはじまりも、いつもくだらない事が
きっかけていうね…

今回、伝えたかった事は、
あなたも僕のように「避難所を作った方がいいよ」
ということでも、「口で女に勝つのは無理だよ」と教える事でもなく、(笑)
時間や場所に縛られない環境の良さを伝えることが目的でした。

ちゃんと伝わったでしょうか??

なにげに今回はちょっと不安…

僕がネットで稼いでる方法については
こちらのメルマガですべてお話していますので、
ぜひ見てみてください。
彼女ブチ切れ音声も公開してます(笑)

 

 





名前
メルマガ

メールアドレス(必須)

  

解除はワンクリックでいつでも可能です。

コメントを残す

 banner_22  いつも応援有難う御座います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ