ももクロは金がかかってねえなあ

ももクロ

 

ども、シンヤです。

 

ももクロこと「ももいろクローバーZ」と言えば
AKB48と並び、人気アイドルグループとして
世間を盛り上げてますが、彼女らの活躍を見てると
「金がかかってねーなあ」と感じます。

 

ももクロ

 

いやいや、あんだけかわいいんだから
化粧品代とかかかってるだろ~
そんな安い女の子達じゃねーぜ

 

 

とファンから速攻叩かれてしまいそうですが
そういう事じゃなくて、
ビジネスとして大した投資をせずして
ここまでのし上がってきたという意味です。

ももクロが所属するプロダクション側からすると
かなりおいしい商品なんじゃないかな~と。
(またこういう言い方するとファンの人は怒りそうですが(笑)

 

 

さて、ここでモモくろがどのようにして
売れたのかを説明していきたいと思います。

 

 

ももクロが結成されたのが2008年で
メンバーがみんな学生ということもあり、
頻繁に活動ができなかったため
土日だけを使って代々木公園で路上ライブを行っていました。

 

 

路上ライブで少人数のコアなファンを作り、CDを直接手売りするなど
ファンと積極的にコミュニケーションを図っていました。

 

 

で、斬新だったのが、無料で撮影OK、しかもその動画や写真を
ユーチューブなどの動画共有サイトにUPすることも許可したことでした。
これはバイラル効果(口コミ)を狙ったもので非常にうまい。

 

 

そして更におもしろいのが、
メンバーの一人がニコニコ生放送をやったこと。

 

 

自宅のPCにWEBカメラをつなげて
ニコニコユーザーの前で踊ってそれを見たユーザーの間で
高身長でスタイルいい子がダンスをしてるということがウケたらしく
あれよあれよとわずか1カ月くらいで
コミュニティー人数が1万人を超えたわけです。

 

 

そんなこともあり市場でももクロが話題になり、
メジャーデビューを果たして今に至るという
正に個人の時代にマッチしたプロモーション戦略で売れたのです。

 

 

彼女らがファンを作る為に使ったツールは大きく分けて3つだけです。

 

 

1、代々木公園
2、ユーチューブ
3、ニコニコ生放送

 

 

金のかかってないことかかってないこと。

 

 

ニコニコ生放送で月々にかかるお金って500円程度だし
ユーチューブはファンが勝手にアップしてくれるからタダ、
代々木公園の場所代も知れてるでしょう。

 

 

通常、CDプロモーションのために
テレビでCMを打てば3千万~5千万かかると言われてます。
これを考えると広告費なんてゼロ円で賄えたと言えるでしょう。

 

 

正にネットと個人の時代の戦略がはまったわけです。

 

 

これって僕らがやってるアフィリエイトなどのネットビジネスにも
全く同じ事が言えて、こういう時代だから個人でも大きなお金を稼げるわけです。

 

 

一昔前だったら、ビジネスをはじめるのって
相当ハードルが高かったんですね。

 

 

リアル店舗を借りて、在庫を仕入れ、人を雇い
などの作業が必要になることが絶対条件と言ってもよかった。
なので、まずはじめにまとまったお金がいる。

 

 

だから、スタートさせるのも難しいし
失敗した時のリスクも高いわけです。

 

 

一方、僕らがやってるネットビジネスは
初期投資がほとんどかかりません。

 

 

僕は無料ブログでアフィリエイトをスタートさせたので
稼げるようになるまでにかかったお金は
ゼロに等しい。(教材代などの勉強費などは投資しましたけど)

 

 

メルマガスタンドも僕が発行した当初は無料で使えたので、これまたタダです。

 

 

集客だって今は人が多く集まってる場所に
無料で露出させることがいくらでも出来ます。
例えば、ツイッター、アメブロ、フェイスブックなど。

 

 

高い土地を借りて露出させる必要もありません。
ここまでリスクなく出来るビジネスは他にはないです。
仮に上手くいかなくても金がかかってないんだから痛くない。

 

 

ももクロと同じです。

 

 

正直な話、彼女らが売れなかったとしても
事務所的にはそんなに痛くはなかったはずです。
でも、ヒットしたら儲けしか残らない。

 

 

僕らもそうです。

 

 

ならネットビジネスをやならきゃ損だと僕は思うのです。

 

ありがとうございました。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)

 

関連記事

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。出版社から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら

   

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)