浜崎あゆみを使え

寿司小田

 

ども、シンヤです。

今日はあのAKB48のプロデューサーとして有名な
秋元康さんからビジネスを学んだ起業家の人と
新宿小田急点でランチをしてきました。

 

寿司小田

 

彼は秋元さんから何かを企画する際に、
「他人の顔色を気にしてはダメだ」
と教えられたそうです。

例えば、あなたが「ヘルシー野菜弁当を作って売ろう」と考えて
人を集めてミーティングをしたとします。

 

あなた:「美容と健康をテーマにしてOLをターゲットにした
ヘルシー野菜弁当を作って販売します。」

Aさん:「男も最近は美と健康に興味ある人多いですよ」

あなた:「じゃあ男にも売ろう」

Bさん:「でも男にも売るんだったら量が少ないと
買わないんじゃないですかね?」

あなた:「じゃあ肉もたくさん入れよう」

Bさん:「でも肉が多くてカロリー高い物は女性ウケ悪くないですか?」

あなた:「じゃあ偏らずにバランス良くいろんな素材を入れた弁当にするか」

 

こんな風に、無難型な弁当になってしまいます。
要するに悪くはないんだけど特に「これは最高にいいなあ」とはならない。

 

「まあ近くに弁当屋ないし、ここにするか」
と好リッチ条件大前提でしか売れないモノになってしまいます。
つまり、人の意見を多く取り入れることによって生じるデメリットである
無難な物が出来やすくなります。

 

すると、これからの時代に必要不可欠なUSP、
つまり”ユニークさ”が商品に欠けてしまうことによって
致命傷にもなりかねない事態が生じます。

 

人からもらった意見などはあくまで参考材料にして
いざ、企画を作る際には自分一人で進めていくのがベストではないでしょうか。
(僕はそうしてます)

 

さて、もうひとつ彼が今日話していた
秋元康さんから学んだビジネステクニックで
人を動かす方法」を一つシェアしたいと思います。

 

実はこのテクニックなんですけど、
今回のメルマガでもちょこっと使ってます。
分かりますか?(笑)
ヒントははじめの方。

 

これで分かったらすごいです。
では答えに入りたいと思います。

 

答えは=あのAKB48

 

正解おめでとう。パチパチパチパチパチパチ
(不正解でも大丈夫ですよ。このヒントだけだったら
僕があなたの立場でも正解する自信ありません(笑)

 

答えの解説をしていきます。
”あの”がつくと人は動きます。
そして何故だか信用する。

 

「キムタクがCMで使ってるギャッツビーの洗顔」
って聞けば、その商品は悪い物ではない気がしませんか?
むしろ顔がピカピカになってイケメンに変身しちゃう気がするかも。
(本当に岩尾がキムタクになっちゃうみたいな(笑)

 

成分が同じで値段も同じだったら、他の洗顔剤ではなく
キムタクが宣伝してる方を選んじゃいません?

 

こういうことです。
前に説明した「社会的証明」の原理です。

 

今回のこの記事の冒頭で
「あのAKB48のプロデューサーである秋元康さん」
この部分を見て、
へぇぇぇ、あの人から学んだ人と話してたんだ。
って気になった人は多いはずです。

 

”あの”がつくような誰もが知ってるような
人やモノとの関連なんてオレにはな~んもないぞ
どうすんだぁぁぁ(怒)

って思うかもしれませんが、
頭を柔らかくして考えれば誰だって
”あの”をつけることは出来ます。
ほんと簡単でシンプル。

 

どうすればいいのかというと、
有名なモノに便乗しちゃえよ
————————–
ってことです。

 

さっきのヘルシー弁当の話でいうと、
例えば、そこに福岡県産の明太子を入れて販売するとします。

 

そしたら
「あの浜崎あゆみの出身地として有名な福岡県産の明太子を使用してます」
はい、できあがり(笑)

 

ビジネステクニックっていうよりも
どっちかっていうとコピーライティングテクニックですね。

 

今回の内容をまとめると、

1、他人の意見は参考材料にして1人で企画を作りあげる
2、”あの”がつくと人は行動する

 

ではでは。
ありがとうございました。

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)


名前  メールアドレス 



名前 

メールアドレス 


 

関連記事

月収200万達成

初めて日給7万円を達成した日


→その時の様子はこちら

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。大和書房出版から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

メディアに搭載されました


詳しいプロフィールはこちら

   

四コマ漫画(体験談)

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)