ムカついた相手は貧困脳

 

こんばんは、シンヤです。

 

営業電話

 

先日、夕方の4時くらいに一本の電話がありました。
声の感じから中年のおばさん。

「もしもし、旦那さまでしょうか?」
「はい」(結婚してないけどいちいち否定するのもめんどいから流しました)
「現在マンションのご購入のお考えはありますでしょうか?」
「いえ、特には」
「今ですね、最寄駅にものすごくいい物件があるんですけど」

 

1分で僕を不快にさせたマンションの売り込み営業電話でした。

 

決してマンションの営業がムカついたとかそういう話ではなくて、
こっちがマンションの購入には興味がないと答えてるにも関わらず、
それを無視して売り込みをかけてきた事にムカついたわけです。

 

さすがの優しいシンヤも今回は「アホか」とツッコミを入れかけました。
(逆に優しくないっていうツッコミをされそうですけど
まあそこは優しい僕の読者のあなたはツッコまないだろう(笑)

 

マンションの営業電話って
物件付近の電話番号にランダムにかけて
その中から興味ある人が当たればラッキーという方法を取っています。

 

なので、興味ない人からしたら
未承諾広告みたいなものなので
不快に感じるのは余程バカじゃなけりゃ分かります。
そこのフォローができるか出来ないかで
優秀な営業マンかどうか分かったりもします。

 

今回、僕にかけてきた人は間違いなく優秀ではなかった。
売れてない営業マンだと思います。

 

フォローどころか、「いらねー」って
雰囲気を思いっきり出してるにも関わらず、
即売り込みにはくるわ、ランダム電話に関しての事を指摘したら
ムッとした態度はするわで、マンションが欲しくてもこの人からは
購入したくなくなるほどでした。

 

で、最近、ハーバード大学の研究に関する記事を読んで思ったのが
この営業マンは「貧しい人特有の脳キャパシティー」
だったんだなと予想できました。

 

どういう事かというと、
重要な事を抱えていて頭がいっぱいで
他の事には一切頭が回らないという経験は誰でもがあると思います。

 

これは”脳のキャパシティー”に限界があるためです。

 

貧しい状態にある人は、
「貧困で辛い」という事実を常に認識させられている為、
貧困から脱するための具体的解決策を考えるまでに
至らない傾向にあるとのことです。

 

「貧困で辛い」という意識だけで
キャパシティーが限界になるというわけですね。

 

今回、僕に営業をかけてきた人もおそらくそうで
社内で結果を出せておらず、一つでも売らないと
また上司から怒られたり、職場で肩身の狭い思いをしたりと
そういう現状の悪い部分にだけ意識が傾き、

肝心の営業相手の心をつかむという所に
意識が回っていない状態なんだと思います。

 

ハーバード大学の研究チームが行った脳のキャパシティー実験で面白かったのが、
収入が多く裕福な層とそうでない貧困の層、2つのグループに分けて
「自分の自転車の修理代に15万円かかる」ケ―スをそれぞれに認識させ
あるペーパーテストを行った結果、富裕層に比べて貧困層のテストの点数が
圧倒的に悪いというデータが出ました。

 

貧困層は自転車の修理費の事で頭がいっぱいで
テストどころではないというのが見て取れます。

 

この実験結果でも反映されているように
貧困を解決しないと他の事をやっても
上手くいく率は低いということが分かります。

 

ネットビジネスでも同じことが言えて、
全く余裕がない状態で行うと
上手くいかない事が多いです。

 

その原理は単純で、アフィリエイトで早く物を売って
生活費を稼がないといけない事だけで
脳のキャパシティーを埋めてしまい
肝心の見てくれてる人の為になる事にまで頭が回らないわけです。

 

その結果、どうなるかというと、
「これはいいです。絶対買わなきゃ損です。明日までです」
とブログなどに広告だけの記事を毎日書いて
読者を嫌な気持ちにさせて、結局売れないという
負のスパイラルに陥ってる人が実に多い。

 

アフィリエイトで売れない人のほとんどがこのケースです。

 

「毎日がんばって記事を書いてるんですけど売れません」
とか相談してくる人がいますけど
そりゃ売れるわけないわなと。

 

僕の読者の方でもたまにいるんですけど、
「中途半端は嫌っす。会社やめてネットビジネスに専念します」
と気合いを入れる方向間違ってしまってる人。

 

いやいやいや、ネットビジネスが軌道に乗るまでの
生活費に余裕があるならまあ分かりますけど、そうでない場合は危険なので
ネットビジネスで生活費くらいは稼げるようになってから辞めてください。

 

じゃないと、稼がなきゃいけないという事だけで
脳のキャパが埋まってしまいますから。

 

ネットビジネスの良いところは
空いた時間を使ってはじめられる部分でもあります。
それだけ今の時代環境は恵まれています。

 

間違っても貧困脳でアフィリエイトをしないことです。

 

「今日、アフィリで成約しないと生活費が足りねー」
なんて状態でやっても精神衛生上よくないですしね。

 

ありがとうございました。

シンヤ

 





名前
メルマガ

メールアドレス(必須)

  

解除はワンクリックでいつでも可能です。

コメントを残す

 banner_22  いつも応援有難う御座います。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ