社会不適合者診断テスト

社会不適合者

 

ども、シンヤです。

 

今回あなたにやってもらう診断は

シンプルなんですけど、かなり当たるみたいなので

ぜひやってみてください。

僕の回答と合わせて見てもらえればと思います。

ちなみに僕の読者の8割以上の方が
社会不適合者認定されてます(笑)
(報告をしてきてくれた方の統計)

 

 「社会不適合者診断テスト」

 診断テスト

 

これまで僕はさんざん社会不適合者と言われてきました。
てか、今でも言われてます。

それって果たして悪い事なのか?

 

まあ、街角アンケートで
「社会不適合者は悪いことですか?」
と新橋あたりで仕事帰りのおっちゃん達に聞いたら
「当たり前だ、社会に適応せん奴はけしからん」
と、こんなお説教までついてくるのは簡単に予想できます(笑)

 

でも僕は自分を正当化するわけではなく
社会不適合者というのは、これからの時代
褒め言葉くらいに捉えていいと思ってます。

 

これを聞いて、
いつも僕の記事を読んでくれてる人なら
「シンヤ何を言ってんだ。非常識だぞ、
無礼者。成敗してくれるわ。(シャキーン)」
なんて必殺仕事人モードに入る人はいないと思います(笑)

 

でも、一般的感覚からしたら必殺仕事人モードになって
僕を刀で斬ろうとする人が多いのかなと…

 

どうして僕が社会不適合者は褒められるべきなのかと言うと、

 

戦後~高度経済成長期を得て日本が経済大国に発展するまでは
皆がサラリーマンになって従順に機械のように働き
物作りをして会社に尽くし、定年を迎えたら
退職金を手にし、老後は年金生活を送るというのが
常識的な日本人の人生でした。

 

学校などでもそれが善として教えられてきました。
(今でもそれが行われているのが問題)

 

確かに、戦後の経済を立て直すには
最高の仕組みだったと思います。

 

しかし、それはいい物を作れば売れるという
時代だったからこそ上手くいった方法でしかありません。

 

ぶっちゃけた話、1人1人の能力が大した事なくても
一部が優秀だったら企業は安定。
むしろ、優秀じゃなくても簡単な仕事が溢れてたので
人材が欲しくて欲しくてたまらなかった。

 

でも、今は、そんな時代ではない。
安定した企業なんてないです。

 

ということは個人で稼ぐ力が必要不可欠になってくる。

 

大きいジャンボジェットに乗ってパイロットに操縦を任せるより
普通の乗用車に乗って自分で運転する技術を身につけなければならない。

 

このような考え方をしてると
社会不適合者と言わてしまうんですね。

 

実際に、僕の周りで稼ぎまくってる起業家なんかは
みんな社会不適合者です。

 

決められた時間に起きたくない。めんどくさい事はしたくない。
こんなことばっか言ってます。
というか、めんどくさがりじゃない人を見た事がありません。

 

でも、僕も含め、彼らは自分の好きな事をやって稼いでいる。
固定化されたイメージがぱっと見、だらけてるとか
そんな小さなものでしかありません。

 

社会の常識の矛盾に気づき
多くの人がごくごく当たり前のようにしてきた事をせず
違う事をしたから自由に稼げてるわけです。

 

常識から外れると社会不適合者と言われる傾向が強いです。
特に日本では。

 

こうやってしっかりと考えた上での社会不適合者なら
大いに褒めるに値すると思います。
(人に迷惑をかけた堕落生活を送ってるような
社会不適合者を褒めるという意味ではありません)

 

ですので社会不適合者と言われたら
大いに喜べと、そう叫びたいです。
(叫ぶのは大げさ(笑)

 

さて、ここであなたが社会不適合者なのかどうか
診断テストを遊び感覚でやってみましょう。
ぜひ、診断してみてください。

 

僕もやってみました。

 

—————————————————————————

社会不適合者診断
以下の診断項目は、
【Gou!Magazine】より抜粋させてもらってます。
引用源:http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00001646

 

■その1:制服が似合わない

みなと同じようなスーツを着ているだけなのに、
自分だけしっくりこない。
会社のユニフォームも似合っていない気がする。

(シンヤの回答)はい。
似合うとかいう以前に、決められた制服を着たくない。
夏も暑いのにスーツとか意味不明。
涼しい格好した方、コンディションも良く
仕事もはかどるに決まってる。

 

●その2:朝礼の意味がわからない

朝礼が始業時間より前にあるので、
結局1時間早く出勤しないといけない。
朝は課長のくだらないスピーチより、
カフェで挽きたてのコーヒーが必要なのに。

(シンヤの回答)はい。
毎日毎日、形式的だけの朝礼とか意味がない。
そんな時間があるならお昼寝タイムを作った方が
生産性が上がると思う。

 

●その3:休憩や昼食はひとりがいい

お昼休憩は、上司や気の合わない同僚といるよりひとりが楽。
むしろ横でお弁当を広げたり、
話しかけたいオーラを出されると迷惑に感じる。

(シンヤの回答)いいえ。
気分による。相手による。

 

●その4:企画にリアリティがない

企画を考えるのは得意で、上司にも面白いと言われるが、
斬新過ぎてリアリティがないとも言われてしまう。

(シンヤの回答)いいえ。
就職経験がないので上司を持ったことがない。

 

●その5:大人数が苦手

2人で議論をしているときは割と饒舌なのに、
別の同僚が加わってきたりして3人になると
いきなり話せなくなってしまう。
大人数になると自分の調子が狂ってしまう。

(シンヤの回答)いいえ。
特に感じた事はない。

 

●その6:先輩や上司が敬えない

全然使えない先輩を敬うことができない。
課長や部長も、若い頃は活躍したのかもしれないけど、
今はただのおっさんで、自分の方が能力が高い気がする。

(シンヤの回答)はい
そもそもただ年上ってだけで敬うっていう発想がおかしい。
だって親が早くセ○クスしただけの話でしょ(笑)
生きてきた年数×質が大事!

 

●その7:飲み会が嫌い

お酒だけでもイヤなのに、
飲み会だからといってなれなれしくなる同期や、
飲ませようとする上司がいてイヤ。一刻も早く帰りたい。

(シンヤの回答)いいえ。
自分が行きたいと思った飲み会しか行かないから

 

●その8:社畜の同僚が嫌い

ダサイ、まじめ、仕事命と
三拍子そろった社畜の同僚とは仲良くなれないと思うし、
こいつは一生平社員で終わるんだろうなとも思う。

(シンヤの回答)はい。
大学時代の知り合いが久しぶりに電話してきたと思ったら
会社の愚痴ばっかでこっちまで気分がどんよりした。

 

●その9:盛り上がっている人が苦手

職場に盛り上がっているリア充がいても
なんとなく近寄りがたくて、気付かないフリをする。
ギャルやギャル男っぽい人に、話しかけられない。
見た目レベルが自分より上のひとしか許容できない。

(シンヤの回答)いいえ。
特に気にも止めない。

 

●その10:視線が気になって休憩所にいけない

トイレや休憩所に立つとき、
周りのひとがすごく自分を見ているような気がする。
休憩所でも他の人がいると居心地が悪い。

(シンヤの回答)いいえ。
自分が思ってるほど他人は自分に興味を持ってないって。

 

その11:1日くらいお風呂に入らなくても平気

ちょっとくらい頭が臭くても平気。むしろ、これがいい匂い。

(シンヤの回答)いいえ。
1日くらいなら別にいいけど、臭いとかそういうのは無理。

 

●その12:親と一緒に住んでいる

今まで一人暮らしをしたことがない。
だけど、わざわざ高い家賃を払って一人暮らしをしようとも思わない。
家に帰ったらご飯が出てくる生活は最高。

(シンヤの回答)いいえ。
親とは一緒に住みたくない。
でも親孝行はしていきたいね。

 

●その13:他人がほめられているとイヤだ

同僚がほめられているとなぜか嫉妬心がわく。
べつに競っていたわけじゃないけど、なんかムカつく。

(シンヤの回答)いいえ。
ライバルが褒められるとかそういうのなら分かるけど
ただ同僚ってだけなら何とも思わない。

 

—————————————————————————

 

あなたは何個当てはまりましたか?

 

■0~4あてはまったあなた

社会適合者です。その調子で、バリバリ働きましょう。

 

■5~8当てはまったあなた

現状に満足しているわけではないけれど、
世渡りも上手なのでなんとかやっていけそうです。

 

■9~13当てはまったあなた

明らかな社会不適合者。
常人とは感性が違いすぎますので、
さっさと会社を辞めるのが得策かも。

人の下で働く、会社に勤めることが
性にあわない可能性があります。
ですが、逆に考えれば
独立して成功できる人の典型的パターンです。

あなたにも隠れた才能があるかも。

 

—————————————————————————

 

意外にも僕が当てはまったのは4つだけだったんですけど
回答の理由を聞くと「やっぱ不適合者だ」
とみんな言います(笑)

 

数が多かった人は間違いなく社会不適合者で、
数が少なくても理由が非常識的(おっさんが怒りそうな)
な人も不適合者の部類に入るのではないでしょうか。

 

こういう診断もたまには面白いですね。

 

社会不適合者と診断された方や
回答の理由が僕と似てた場合は、
こちらをクリックして僕についてきてください。
絶対に楽しいはずです。
(ここの読者のほとんどが社会不適合者です(笑)

 

 

祝9000人突破!メルマガ(無料)

 

関連記事

月収200万達成

初めて日給7万円を達成した日


→その時の様子はこちら

プロフィール

名前:シンヤ

ペンギンとサッカーとノンフィクション本が大好きな青年。嫌いなモノは蜂とサメと納豆。

最近料理にハマり中。
得意料理はカレーライスと味噌汁。
  

18歳。大学進学のため上京
20歳。パチンコ屋でアルバイトの日々
21歳。借金100万円
22歳。彼女の家で居候生活
26歳。彼女に包丁で刺されかける
27歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
〃歳。半年で月収200万突破して興奮する
28歳。生活のために働く必要がなくなる
31歳。出版社から書籍化のお話を頂く
現在に至る。

詳しいプロフィールはこちら

   

過去記事

大好評♪ビジネスメール講座(無料)