ipadだけお魚を売るトラックのおじさん

魚屋

前に、おもしろい魚屋さんがテレビで特集されていました。

 

この魚屋さん、

 

魚を置いていないのに魚を売っているんです!

 

「魚がなくてどうやって売るんだよ、バカにしてんのかタコが」

 

なんていうツッコミはさすがにやめてくださいね(笑)

 

この魚屋さんの店名は「 川嶋鮮魚店」と
ごくごくありふれた名前なんですが、
その販売方法が斬新かつユニーク。

 

ipadだけで魚を売ってるんです。

 

東京の吉祥寺などの道端にipadが置ける
ちょっとしたスペースを確保して
魚を売っている吉川仁さんは
どこにでもいそうなトラックドライバーのおっちゃん。

 

吉川さんは北海道の新鮮な魚を売っているお店と
遠く離れた場所で新鮮な魚を買いたい人達をipadで繋ぎ、
WEBカメラを通すことによって東京にいながら
その人達が、その場で魚を実際に選んでいる感覚で
買える方法
を作り上げました。
 

 

WEBカメラにつながっているので
お客さんは、水揚げされたばかりの新鮮な魚を自分の目で確かめて
魚屋さんのおじさんと、直接値段の交渉をしたり、
おススメの調理方法を聞いたりできます。

 

さらに、買いたい魚があったら
吉川仁さんが代わりにipadで注文してくれるので
特にデジタルが不得意なお年寄り世代にはありがたいサービスだと思います。
(注文したら北海道から即日配送されます)

 

吉川さんがやっていることは魚の代理店
売り上げの15%が北海道の魚屋さんから報酬として吉川さんに支払われます。

 

で、吉川さんは、
実際月にどれくらい稼いでると思いますか?

 

答えは、

 

月40万円だそうです。

 

「普通じゃん」って思いました?

 

斬新なアイディアにしては地味な数字に見えがちですが、
このおっちゃん、土日しかipad魚屋店をやってないんですよ。

 

週2日だけのしかも副業で、この稼ぎはかなり多いと思いませんか?

 

副業でこのレベルはなかなかのものだと僕は思います。

 

実は、吉川さんがやっていることって
僕らがやっている「アフィリエイト」と同じです。

 

内容はとてもシンプルで
魚が欲しい人を集めて魚屋に紹介して
利益の一部をもらう。

 

お魚アフィリエイトです(笑)

 

ウェブカメラとインターネット接続環境にあるiPadだけで成り立つという
お金をかけずにお店を出せる時代だからこそ出来たわけです。

 

ネット環境さえあれば、お金なんてかけなくてもビジネスは始められます。

 

吉川さんはアイディア一つで
月収40万の副収入を手に入れました。

 

繰り返しますが、やったことはとてもシンプル。

 

  1. ipadを路上に持ってくる。
  2. カメラで魚屋を紹介する。
  3. 代わりに注文してあげる。

 

たったこの3つを行っただけです。

 

これって、吉川さんじゃなくても
思いついた人はたくさんいるはずなんですよ。

 

簡単な発想ですからね。

 

でも、行動に移す人はごくごく一部。

 

その中の1人が吉川さんだったということです。

 

稼ぐ人の共通点の一つ、行動力

 

さて、吉川さんのipadを活用する方法なんですけど、
まだまだパクれるというか応用が効いて、
別に魚屋さんじゃなくてもいいんですよ。

 

あまり近くでは手に入らないもので、
実際にその場で買いたくなるようなものなら、
何だって良いわけです。

 

例えば新鮮な野菜を取り扱ってる八百屋とか。

 

日本は、放射能汚染の問題以降、
安心安全な野菜のニーズが高まりました。

 

そういった中、農家の人達の顔や
作業現場の様子を見ながら野菜や果物を買える八百屋があったら
人気が出ると思いませんか?

 

また、子供向けの粉ミルクを販売している
安全基準を高くしている専門店の代理店なんかも良いんじゃないですかね?

 

などなど、今ちょっと考えただけでもいろいろと出てきます。

 

やることがなくて暇な人なんかは
ちゃちゃっとやってしまえばいいと思うんですよ。

 

上手くいかなきゃ辞めりゃいいだけなんで。

 

だって仮に失敗したとしてもマイナスにはならないですよね。

 

大きな初期投資が必要ってわけじゃないんだから。

 

月々の携帯料金がちょっと高くなる程度のものです。

 

だったらやらなきゃ損。

 

とはいえ、吉川さんのように自ら自分がipadの前に立って
販売するとなると肉体労働になってしまうのは避けて通れません。

 

なので僕だったら違うやり方をします。

 

例えば、魚屋のアフィリエイト(代理店)をするんだったら
自分の時間を拘束されたくないので、
主婦層などにウケのよさそうなイケメンの友達に
利益の半分を渡してipadの前で販売してもらいます。

 

なので、僕がやることは、

 

  • 魚屋と交渉
  • 道路使用許可の手続き

 

これだけです。

 

仕組みだけ作って後は任せる。
すると自分の時間を削ることなく新たなキャッシュポイントが作れます。

 

これが経営者思考です。

 

いつも僕が口を酸っぱくして言ってる『仕組み作り』ですね。

 

これさえ作ってしまえば"寝ててもお金が入ってくる"ようになります。

※はじめから寝てたらお金は入ってきません(笑)

 

ありがとうございました。

 


【無料メール講座(50000人突破!)】

mailmanga



メールアドレス入力が面倒な方は空メール送信でもOK!


※ご登録直後にプレゼントが届きます。
※不要の場合はいつでも解除可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)